<< 2005年10月18日 ゴのリーダー・M氏のソロライブ@横浜 | main | 2006年7月23日 ポのライブ@横浜スタジアム その2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

2006年7月23日 ポのライブ@横浜スタジアム その1

星空のレポ第4弾は、ちゃみさんからいただいたポのライブレポです!
去年の夏、横浜スタジアムで行われたライブの、
ちゃみさんの愛がいっぱいこもったレポをどうぞ!

本当は宝石箱にUPするつもりだったんですが、
いつになるか分からないので、こちらにUPさせていただきます(^^;


今回のライブは
ただ、楽しかった!幸せだった!という想いだけだ残っていて
昭仁くんがどんな顔してどんな風に歌っていたとかの
記憶が全くと言って良いほど、、、ありません。
微かな記憶を頼りに書き上げたので
かなりあやふやなレポ(感想)になってます。
MCなどの表現はニュアンスだけのものですので
その点はご了承下さいね。


YOKOHAMA STADIUM 2006.7.23 Sun

6時10分前くらいにスタジアムに着きました。
あちこちに人が溢れてて、6時開演ですが
まだまだ始まりそうに無かったです。

私たちの席は3塁側の3階席、列は前から2列目でした。
席に座って見渡すと、やっぱり広いな〜と思いました。
ステージを見ると大きなアーチがあってステージの左右には
後方にグーンと延びる花道がありました。
あそこまで来てくれるのか〜それでも顔は見えそうにないな〜
スクリーンもあったのですが、スピーカーらしき黒い物体が
良い具合に邪魔してました(笑)
それから、ステージの両端に観戦席がありました。
ライブを盛り上げるためにと、FC会員の中から選ばれた人達が何かをしてくれるらしいです。

途中始まるまでにカメラで観客を映していじってました。
「踊って!」とか「キスして!」とか
結構笑いが起こってて、楽しそうでした。

6時10分過ぎくらいかな、メンバー&サポメン登場。
さあ、いよいよライブが始まります!!
「よし!」と気合を入れて立ち上がった途端
花火がドッカーン!と鳴ってビビリました。
そして始まったのが
1.タネウマライダー
いやでも(いやじゃないですけど)テンション上がります!!
最初にチェックしたのはもちろん髪形!
おおっ!やっぱりおでこ出してるよ〜〜〜
うん、男らしくみえるよ〜〜
でも私は気づいてしまった!今の昭仁くんがいくら男らしい髪型にしようとも
私には可愛く見える!ということを!

そして何て良い顔してるんだ!まだ始まったばかりなのに
もう、楽しくて堪らないって顔してました。
今、とっても良い顔してるよ、昭仁くん!と声を掛けたくなるくらいの。
昭仁くんがタンバリン持ってリズミカルに
パンパカパンパカ叩いてた気がします。
おバカな男の歌をおバカな男らしく歌ってました。
そして最後の「タネウマライダー」の「ダー」が伸びる伸びる。
どこまで伸びるねんっ!ちゅうくらい伸ばしてました。さすが声量王(いつの間に?笑)
えっと、蛍光色のカラーテープが撃ち放たのはこの歌だっけ?
スタンドの2階くらいまで届いてくれたんだけどな〜〜
今回もゲッチュウならず。。。

2.幸せについて本気出して考えてみた
今となってはなかなか聴けない曲なので嬉しかったです。

3.サウダージ
昭:「わしらがポル○グラフィティです!」を2回繰り返す。
   「自分らの名前、2回も言ってしもうた。
   それだけテンション上がってます。
   彼もそうだと、、、テンション上がっとる?」
晴:「そりゃあそうだよ、昭仁くんっ!」
昭:「えー彼とは十数年付き合っていますが、今までで1番デカイ声でした。」
   ステージを見てもらったらわかるじゃろうけどサーキットをイメージしてます。スタジアムですけど、、」って。
(いちいち言わなくても良いのに言ってしまう昭仁くんが好き)←いちいち言わなくても?笑
   「今日は2日目ですが、最終日」
観客「えーーー」
昭:「(そんなん)知っとるじゃろ。。。」
知ってますとも!普段最終日なんてめったに来れないから、2日間だけでも一応最終日!
の23日に参加できて嬉しかったんだから。
昭:「今日の曇り空にも理由があるはずです。
   今日の天気職人はこの空にどんな思いを織り込んだのでしょう。」

4.天気職人
で、ムードも満点でイントロが演奏される中
なかなか歌声が聴こえて来ない。。。「歌詞が、、すいません」とのたまう昭仁くん。
しかし演奏は止まらない。。。(笑)
しかたなく途中から何とか歌いだす昭仁くん。
そのまま歌が終わり、最後の生口笛は綺麗に決まりました!
その後、「すいませんでしたっ!」と男らしく素直に謝る昭仁くんでした。

5.シスター
ドラムロールが響き渡る。その音に合わせ昭仁くんが手でリズムを取っている。
そんな仕草さえ、愛しいと思ってしまう。

6.ジョバイロ
これ独特の手拍子があるんですが、リズムに乗って叩けると
すごく気持ち良いです。でも手拍子に気を取られてると
歌がいつの間にか終わってしまうので要注意です。

7.メリッサ
森男くんのベースの音が炸裂!!
おおっ!もしやあの曲か?と思ったらやっぱりのイントロが
ベンべべべべンべべべべベベンベベベンベベベベ〜〜〜〜ン!
「君の手で〜〜〜♪」
ああ、気持ち良いぞ〜〜〜!

昭:「さっき、ライブ中に目があって、追いかけられました。」
晴:「高校の時以来、久しぶりに顔見たけど、老けたの〜」
昭:「そりゃあ、高校の時に比べたら、老けたじゃろ。さっきも、目のクマが気になったから
   美顔器当ててきました〜どう?」ってどうなの?(笑)
   
8.ヒトリノ夜
9.CenturyLovers
おなじみのイントロが始まり、フゥフゥ合戦の開始です。
今日はいきなり合格を出してもらいました。
でも左右のスタンド、グランド、観戦席、と煽っていってくれました。
最後3万人のフゥフゥはどんな風に届いたかな。
あと、晴一くんが観覧席に入ってフゥフゥしてて
「あら?晴ちゃん!そこにおったの!」と昭仁くんに言ってもらって
とっても嬉しそうでした。
この曲恒例の股間パフォもありました。

10.うたかた
照明が落ちたのはここでしたっけ?一気に暗くなったスタジアムの
スクリーンに綺麗な木々と清流が映し出され
鳥だか虫の声?が聞こえていたような?

11.夕陽と星空と僕
ああっ!またこの曲が聴けるなんて、、、
綺麗な夕暮れの景色がスクリーンに映し出されていたような?

12.何度も
13.インスト
晴一くんの腕の見せ所(昭仁くん休憩タイム)
晴一くんのギターはとても聴きやすいと思う。ガンガンにかき鳴らしていたって
耳を塞ごうなんて思わない。子供にもお年寄りにも優しいと思う。
それは彼の人柄が音にも表れているんだと思う。
だからといって音がヘナチョコなわけじゃない。
力強くて、ちゃんとガンガンロックしてます。
人に優しいガンガンロックって良いじゃないですか?(笑)
彼は見た目もハートも生粋のギタリストだと思います。

14.ジューンブライダー
いや〜〜この曲を聴くためにココまでやって来たと言っても良いくらいです。
カップリング曲はなかなか生で聴くチャンスがないのでね。
優しい優しい昭仁くんの歌声に聴き入っておりました。
たしかスクリーンにはセピア色の花嫁さんがいたような、、、


その2につづく

スポンサーサイト

| - | 09:56 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://cafe-de-mots.jugem.jp/trackback/6

Trackback